冗談?それは気のせいだ!
※【警告】 これはひどいマウス描きの絵があったりします。ご注意ください(色もない)
※【作者】 これはネタでの作者です、現実の作者と一緒にしないでください。
※【笑無】笑えるかどうかはしらんがな!
第一話「 絵のレベル 」
何があったか、一体彼は何者なのだろうか?
4号「カット、カーット!」
作者「What!?」
4号「いくら何でもこの絵は酷すぎだろよ!(俺オワタかよ!)」
作者「ならば描き直しだ!」
― 数分後 ―
4号「何事!?何があってこうなったんだ!?」
作者「いつもどおりだろ?」
4号「いつもどおりってオイ! てかこの神は何!?」
作者「奴は神ではない!」
4号「そんなのわかっとるがな!!」
作者「ならば次だ!」
― 数秒後 ―
4号「流石…。常識が消え去っているよこれ…」
俺「@ッ!!!」
4号「ちゃーんとやれー!」
― 数分後 ―
4号「ついに設定がアァァ・・・」
作者「お疲れさんです。金をわざわざ…」
GIDA「呼ばれたk
4号「呼んでねーよ」
4号が金を掘っている図
4号「俺の左手どうした!?」
作者「ハンドドリル(訳:手がドリル)」
4号「Σ(゚Д゚;エーッ!」
作者「冗談」
4号「あれ、ここでタイトル?」
作者「らしいね」
4号「おお、まとm... じゃねえええええ!!!」
作者「What!!?」
4号「頭からフキダシで(空)って!頭カラッポって意味になるじゃねーか!」
作者「無意識だろう、そうだ。」
4号「訳がわからんよ!」
作者「3分間(ry
― 3分後 ―
てすと
4号「何が書きたいんだ?」
作者「 て「゜Д゚」すと」
4号「見方変えればアレに見えなくもない…」
― 数十分後 ―
4号「どうしてこうなった」
― 完 ―
もどる
inserted by FC2 system